錦織 圭 強さの秘密

錦織 圭  注目すべきは強力なストロークと戦略

錦織 圭 プロフィール 強さ

 

 

錦織 圭

 

生年月日:1989年12月29日
出身:日本
身長:178cm
右利き
バックハンドストローク:ダブル

 

 

 

プロフィール

 

”5歳でテニスを始め、2001年5月、全国選抜ジュニア選手権で優勝。同年7月全国小学生大会、8月全日本ジュニア12歳以下で優勝し、史上5人目となる全国制覇3冠を達成。

 

2003年、(財)盛田正明テニスファンドの強化選手に選ばれ、フロリダのIMGアカデミーにテニス留学。その後、フロリダを拠点に世界のジュニアサーキットを転戦。

 

2007年10月のジャパンオープンでプロ転向。翌2008年2月、デルレイビーチ国際選手権でATPツアー初優勝。同年8月の全米オープンでは、日本男子シングルスとして71年ぶりにベスト16進出という快挙を達成し、その年のATPワールドツアー最優秀新人賞を受賞。2009年、右ひじの疲労骨折で4月からツアーを欠場。苦しいリハビリを経て、翌2010年2月にツアー復帰。下部ツアーで優勝を重ね、一度失ったランキングを2010年末にはトップ100に戻す。

 

2011年、上海マスターズでベスト4に進出し、松岡修造の世界ランキング46位の記録を大幅に更新して30位に。また続くスイス室内の準決勝では、世界ランク1位のノバク・ジョコビッチを破る大金星を挙げる。

 

2012年、全豪オープンテニスのベスト8進出で、世界ランキング20位に到達。日本代表として臨んだロンドン五輪では、準々決勝まで進み、5位入賞。10月の楽天ジャパンオープンでは、地元の期待に応え見事優勝、自身2つ目のATPツアータイトルを手にする。

 

2013年は、メンフィスの大会に優勝し、3つ目のタイトルを獲得。国別対抗戦のデビスカップでも日本のエースとして活躍し、日本のワールドグループ入りに貢献。

 

2014年、メンフィスの大会を連覇、マイアミのマスターズでベスト4、バルセロナのATP500で優勝、マドリッドのマスターズで準優勝と立て続けに好成績を上げ、ついに5月12日付けの世界ランキングでは9位を記録、念願のトップ10選手の仲間入りを果たした。全米オープンでは、ランキング上位選手を次々と破り、決勝に進出、アジア人としては初となるグランドスラム準優勝という快挙を成し遂げた。
その後も、マレーシアオープン、楽天ジャパンオープンと2週連続でタイトルを獲得し、その年のポイント上位8選手のみが出場できるATPワールドツアーファイナルズに出場、見事予選リーグを突破して準決勝に進出、年度末の世界ランキングで5位を記録した。

 

2015年、メンフィスの大会を3連覇、続いて出場したメキシコオープンで準優勝、ATPランキングを自己最高の4位とする。4月、バルセロナオープンを連覇、7月、ワシントンのシティーオープンでも優勝し、2年連続でATPワールドツアーファイナルズに出場。

 

2016年、メンフィスの大会を4連覇し、ツアー11勝目を挙げる。8月のリオオリンピックでは、テニス競技で日本勢として96年振りとなるメダル(銅)を獲得し、日本中を熱狂させた。その後の全米オープンでも準決勝に進出、3年連続でATPワールドツアーファイナルズ出場を決め、世界のトッププレーヤーの地位を不動のものにしている。”

 

出展:
http://www.keinishikori.com/profile/ 
錦織圭公式サイトより (検索日2017/2/24)

 

 

 

 

 

すさまじい戦績の数々だと思います。日本人男子で初めて、全米オープン準優勝が一番皆さんの記憶にも残っているのではないでしょうか。
錦織選手は、小学生のころにお姉さんの影響を受けてテニスを始めました。そして、小学生の全国大会で3連覇を達成したんですね。

 

 

小さい時からその才能が注目されていて、あの松岡修造さんも絶賛していたほどです。
小学校4年生だった錦織選手が、当時高校1年生だったTBSアナウンサーの石井大裕さんを試合でで負かした話はとても有名です。

 

 

錦織選手はまさに日本テニス界の宝と言ってもいいでしょう!
今の日本男子テニスでこれほどの逸材はそうそう出てこないと思います。

 

 

錦織選手がグランドスラムを取れる日がいつなのか楽しみです。

 

 

今後の注目ポイント!

 

錦織選手は世界一ストロークが強い選手と言われています。しかし、サーブが弱点だといわれ続けてきました。
錦織選手はコーチであるマイケルチャンと相談した結果、サーブの強化をある程度までにして、ストローク主体で戦うことに決めたようです!

 

 

サーブはサービスエースを取れなくてもいいので、相手を崩し確実にポイントを取れるように、
コースのコントロールと回転量を増やしていくようにシフトチェンジしたわけです。

 

 

サーブが遅いけど強い選手は例を挙げると、ノバク・ジョコビッチ選手です。
ジョコビッチ選手は、一試合にサービスエースを量産しますがサーブのスピードは速くありません。
大体、180kmのサーブを打ってきます。

 

 

ジョコビッチ選手のサーブの強みは、コースが良く、そしてコートに落ちた後の変化がすさまじいのです。
たまに、セカンドサーブでもサービスエースを取っています。

 

 

ジョコビッチ選手も昔はサーブが良くなかったのですが、コーチがボルグ氏に変わった結果とてもよくなりました。
サーブが弱かったという点では今の錦織選手と似ているので、錦織選手にはジョコビッチ選手のサーブを目指してほしいと個人的に思っています。

 

 

でも、錦織選手の一番の武器はストローク戦なので、ストローク戦でがっつり魅せてほしいですね!

 

 

また、最近の試合を見ていると錦織選手のコート上でのポジションが前になったり少し下がったりしています。

 

 

テニスはポジションが前に行くほど攻撃的にプレーできるのですが、反面自分の時間がないので守りにくいという弱点もあります。
なのでラリー中に今ポジションを下げるべきなのか、それともポジションを上げて攻撃的に行くのかその判断が重要になっていきます。
錦織選手はこの判断がずば抜けてうまいですね。
テニスに詳しい方なら錦織選手が試合でどのような戦略をとっているのか、今後注目していきましょう!