現役テニスコーチが教える!

テニス ストロークの時に体が開きすぎる人は直した方が良い!

 

テニスでストロークする時に、皆さんは身体の回転をうまく利用してボールを打つと思います。その時に体が開きすぎていませんか?

 

こんな感じに↓
テニスコーチ,ブログ,恋愛

 

ボールを打つときに体が相手に対して真正面に向いているとボールに伝える力が逃げてしまうことがあります。理由は、体が回転しすぎているかもしれないからです。

 

もし、まっすぐにボールを飛ばしたいのであれば、体の回り過ぎには注意しなければいけません!体が開きすぎる人はボールを前に飛ばしたいのに身体は横に回転していき、体重移動が横方向に向かっているのです。

 

理想は前に飛ばしたいのなら、体重移動も前に移っていくのが良いですよね?その方がボールに力も乗りますし、コントロールもしやすくなってきます。

 

しかし、プロの選手たちのストロークの写真を見てみると体が開いているじゃないか!と思う方もいるかもしれませんが、あれは強靭な肉体とプロの技術があるからこそできるのです!

 

あなたがフィジカルとテニスの技術力に自信があるなら大丈夫ですが、そうではなかった場合はフォームを改善して、今よりもっと力のあるボールが打てた方が良いでしょう。

 

また、体が開きすぎている人は腰を痛める可能性もあります。もし、ストロークをしていて腰が痛いと感じる人は身体が開きすぎている可能性があるので改善していきましょう!

 

 

体の開きを抑えるためには?

まず、利き手と反対の手を気にしてみてください!

 

ストロークの時に最初は利き手と反対の手を出して、ボールを打つと同時にしまうと思います。この時に、利き手と反対の肘が体の後ろまで来ると、やりすぎな可能性があります。

 

せめて、ボールをとらえた時は肘が身体の横くらいにあるようにしましょう!後ろに持っていきすぎないように気を付けてください。

 

 

また、打点をよく見てあげる事でも体の開きを改善できます。プロの選手の中で一番参考になるのがロジャー・フェデラー選手です!

 

テニスコーチ,ブログ,恋愛

 

これはボールを打った後の写真ですが目線がずっと打点の位置に残っています。ボールを打った後も打点を見続けることで体の開きを抑えることが出来るのです。また、これはスイングスピードが速くなる効果もあるので是非取り入れたいですね!

 

 

スローモーションの動画も見つけましたので参考に!

 

 

 

まとめ

身体が開きすぎるとストロークを打つ際に、上手く力が伝わらない可能性があります。しっかり、身体の回転を抑えられるように利き手の反対と打点をよく見ることを意識してみてください!

 

また、ボールを打つときに体の回転をゼロにしろとは言いません。どうしても、回転を止めようとしても多少は動くと思います。回転を止めた後に、自然に回っていく分には問題ないと思うので止めようとする意識が大事だと思います。