テニス ダブルスでポーチに出る意味

テニス ダブルスでポーチに出る意味

テニス,上達法

 

皆さんはダブルスをするときにポーチに出ますか?怖がってポーチに出ない人はもったいないですよ!

 

ポーチに出ることで相手の後衛にプレッシャーをかけることが出来るんです。また、逆にポーチに出ないと相手に気持ちよくラリーさせるだけではなく、味方がイライラしてしまうことだってあります。

 

今日はダブルスにおいてポーチがどんな効果があるのかをお話ししようと思います。

 

 

ポーチに出ることで起こる効果

ポーチは後衛同士でラリーしている中で前衛が割って入り、ボレーすることを言います。わざわざポーチをする意味ってあるのか?と思うかもしれませんが効果は抜群なのです。!

 

まず、ネットから距離がある後衛の方がいくら頑張って強い球を打っても距離がある分、相手に時間があるので対応出来てしまうんです。それに加えて、今日のラケット技術が上がっているためどんなに強力なボールでもラケットの真ん中に触りさえすれば簡単に返せるようになりました。なので、後衛が頑張ってもポイントが取りにくいんですね。

 

 

しかし、ネットから近い前衛となると話は違ってきます。距離が近い分、ボレーをすると相手の時間を奪えるのです。時間を奪ってしまえば、準備の遅れでラケットの真ん中に当てることが出来なかったり、打ったボールがエースになることだってあります。このようにポーチに出ることは利点だらけなのです。この利点を利用しないわけにはいきません。

 

 

けれども、ポーチに出るとストレートを抜かれてしまう可能性も出てしまうからポーチには出たくないという人もいます。確かに、ポーチに出る事でストレートを抜かれるリスクがありますがそれはポーチに出た後の話です。

 

後衛の人がストレートを狙うのはリスクがあるんですね。少しずれたらサイドアウトですし、前衛の人が上手かったら簡単にやり返されることだってあるのですから、そう易々とストレートは狙えないのです。

 

もし、前衛の人がポーチに出なかったらストレートを狙うリスクをわざわざ取る必要もないので狙いません。ずっとクロスラリーを展開して味方の前衛がポーチで決めるのを待つことでしょう。

 

また、ポーチに出ないことで味方の後衛にも負担をかけることにもなります。先にも説明したように後衛が点数を決めることは難しいのです。出来れば、前衛の方に決めてほしいと思っているのですがポーチに出てくれないと負担が重なって、段々それがイラつきに代わってしまうことがたまにあるので注意してください。

 

 

 

まとめ

ポーチに出ることの重要性が分かったでしょうか?しかし、頭ではポーチに出ることの重要性が分かっていても、ポーチに出るのが怖いときがあると思います。

 

結局のところ、ポーチで一番大切なのは勇気だと思います。怖くても勇気を出してポーチに出てみる。ストレートを抜かれてしまったら諦めましょう。相手が上手かったのです。

 

しかし、ポーチに出たことで相手に必ずプレッシャーがかかります。また、ポーチに出てくるかもしれないと、前衛の動きを注意しながらラリーする必要が出てきたのですから。

 

ダブルスでは後衛の人が頑張るのはもちろんですが、それ以上に頑張らなければいけないのが前衛です。しっかり、勇気をもってプレーしていきましょう!