テニスの上達法

テニス ダブルスの前衛と後衛の役割知っていますか?(雁行陣)

試合でダブルスをやると必ず前衛と後衛が出てくると思います。テニスを始めたばかりで、ダブルスをなんとなくでこなしている方は前衛と後衛の役割について知らない人ばかりだと思います。前衛と後衛の役割を知ることで普段の練習の意識も変わってくると思うので、今日は基本的な前衛と後衛の役割について説明していこうと思います。

 

 

後衛は守り

基本的に相手の後衛の方とひたすらクロスラリーを続けます。
ここで大事なのは自分からミスをしないことです。どんなボールも拾って守り続けることが後衛の役割です。

 

この守りという意識を持てないと、ストロークで無理してポイントを取ろうとしてミスをしてしまい、自滅してゲームを取られてしまいます。

 

また、相手にも前衛がいるので前衛に捕まらないようにボールをコントロールする必要があります。
低い弾道でバシバシ打っている人をよく見かけるのですが、非効率的である場合がほとんどです。なぜならば、コントロールを一歩間違えると前衛に捕まってしまうことがあり、それに加えて弾道が低いことでボールが浅くなりやすいので自分の前衛が上手くポーチできない場合があります。

 

僕がおすすめするのは、弾道が高いボールでラリーすることです。高さを出すことで相手の前衛に取られないだけでなく、ボールも深くなりやすいので、味方の前衛もポーチに出やすくなります。

 

弾道が高くなるとエースが取れないと思うかもしれませんがそれでもいいのです。後衛の仕事は守る事なので、その高いボールで相手がミスしてくれれば万歳です。

 

 

 

前衛は攻撃と守りの両方をしなければいけない

前衛は攻撃と守りの両方をこなさなければいけないので大変です。前衛は相手のコートにボールがある場合は攻撃、自分コートにある場合は守りという意識を持ちましょう!

 

相手のコートにある場合はまず、ネットの近くに詰めましょう。相手の後衛がコントロールミスで自分側にボールが来たら、そのボールにボレーで触ることが大事です。触りさえすれば立派な攻撃になります。

 

できる人は、相手前衛のいないところ、もしくは相手前衛の足元にコントロールしましょう!自分が攻撃しているという意識が大事です。

 

 

自分のコートにボールがある場合は、今度は守りになります。なぜならば、今度は相手の前衛が攻撃してくる可能性があるからです。守る時のポジションとして、サービスラインのT字らへんを守るようにしましょう。理由は、相手の前衛がボレーしやすいのはコートの中央だからです。なのでしっかりと中央をふさいで守りましょう。

 

テニス,上達法

 

この赤い丸で囲まれたポジションを動くようにしましょう!

 

相手のコートにボールがある場合はネット前に、自分のコートにボールがある時は斜め後ろに下がるイメージです!

 

ラリーするたびにポジションが変わります。すごく大変ですが前衛はそれが仕事なので頑張りましょう!

 

このポジションをマスターするだけでダブルスのレベルは上がってきます。

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回の前衛と後衛の役割はあくまでも基本的なものです。ここからロブを打たれて、ストレートラリーになったり、後衛の方がネット前に出ることで二人とも前衛になることもあります。(平行陣)

 

 

しかし、まずは基本となる雁行陣を練習してマスターしましょう。大体のダブルスが試合中で必ず雁行陣を使うからです。しっかり、前衛と後衛の役割を意識して、普段の練習に取り組んでいきましょう!