テニスの上達法

テニス ボレーするときに足を使えてますか?

テニス,上達法

皆さんはボレーを打つときにきちんと足を使っていますか?

 

よくいるのがラケットを振り回して足を使わないでボレーをしている人、テニス始めたての中高生などによく見られます。

 

ボレーは足で運んだ方が遥かに簡単にボールを飛ばせます。

 

なぜならば、足を使うことで体重移動が行われるので、より簡単にボールを飛ばすことが出来るのです。

 

ボレーは足で決まると言っても過言ではなく、上手くボレーが出来ない人ほど足が動いていません。

 

 

ボレーするときの足の使い方!

ボレーを打つ前に必ずスプリットステップを入れましょう!

 

試合などで緊張すると忘れがちですが、このスプリットステップを入れるか入れないかで反応速度にかなりの差が出ます。

 

ボレーは相手との距離が短い分、反応が少しでも遅れるといいボレーはできません。

 

相手がボールを触ると同時にジャンプし終わって地面に足が付くようにしましょう。

 

 

ボレーをするときは2歩

 

右利きの場合は(左利きの方は逆だと思ってください)、フォアボレーは左足で、バックボレーは右足で踏み込んで打ち終わってくださいという指導をよくなされます。

 

しかし、それだけだと不十分なのです。ボレーは基本的に2歩使うということを覚えましょう。

 

フォアボレーは最初の一歩に右足、2歩目は左足で終わるような打ち方が理想とされています。バックボレーなら、1歩目は左足、2歩目に右足ですね。二歩使ってボレーすることでより、体重移動がスムーズになります。

 

また、1歩でボレーしてしまうと足が横に出ることで、頭が下がりやすくなってしまいます。人間にとって一番重い箇所が頭なので、頭が下がってしまうと体のバランスが崩れてしまい、上手くボレーをすることが出来なくなります。

 

さらに、1歩でボレーを打ち続けていると、1歩でしか動けない癖がついてしまうことがあります。そうなると、ボレーで少し動かされるとミスになってしまったり、届かなかったりするのです。

 

 

 

また、ボレーをする時に打つボールの方向をコントロールする場合は打ちたい方向に最後足を踏み出してみましょう!

 

打ちたい方向に最後足を踏み出すとその方向に体重が載るので自然とボールがその方向に行くんですね。

 

ラケットの面を作ればその方向には飛んでいくのですが、どうしても深さをコントロールするのは腕だけでは難しいです。なので足を使って体重移動によってボールを楽に飛ばすことが出来るんですね。

 

また、逆に前に落とすような、ドロップボレーを打つときも足を使うと簡単に打てます。コツとしては打つときに足を曲げる、体全体で沈み込むイメージです。そうすることで、ボールの勢いを止めることが出来ます。これは腕だけでやろうとすると才能が必要になってくるので、しっかり足と体で勢いを止めてあげてください。

 

 

 

まとめ

ボレーは説明してきたように体重移動が肝です。体重移動するためには足が重要なのです。

 

プロの動画をよく見ると分かるのですがボレーをするときは常に足が動いています。
プロの球はとてつもなく速いので反応が遅れないように常に足を動かしているんですね。そして、できる時は2歩でボレーをしてしっかり体重移動をしています。

 

皆さんもボレーが上手くいかないと思ったときはまず自分の足が動いているかどうかを確認しましょう。

 

大半の方が足が止まっていることが多いです。ボレーするときは意識していなくても、自然と足が動かせるようになるとボレーは必ず上達します。