テニス フォーム

テニスでフォームがキレイな人は強い

テニス,上達法

 

 

テニスでフォームがキレイな人は大体強いですよね。それは何故かと言うと、綺麗なフォームほどボールに伝える力がスムーズになるので打つボールの質が良くなるからです。

 

例を挙げてみると、テニス初心者でストロークでボールを打つときに打点が近い方がいます。打点が近いと第三者目線で見ても、窮屈そうで上手くボールに力が伝わらないように見えます。
人間が物を押すときに一番力が入るのは前です。自分がタンスや何か大きいものを押すときを想像すると分かりやすいと思ういますが、自分の体の前で押すのが一番力が伝わりますよね?前で押すことで足の踏ん張りも効きますし、人間の体の構造を考えるとそれが一番自然だと思います。

 

フォームがキレイな人は理にかなったフォームをしているとも言えます。人間の体の構造に逆らわない事が重要なんですね。無理してボールを打つと体に負担が掛かって怪我に繋がる事もあります。今までテニスをしていて怪我をした経験がある方はフォームが理にかなっていない可能性があるので自分のフォームを見直してみてはいかがでしょうか。例えば、腰を痛めたことがあることがある人はサーブのフォームが理にかなっていない人が多いです。特にスピンサーブを打とうとして腰を反って無理やり打っている方は腰を痛めやすいです。スピンサーブは腰を反らなくても打てるサーブですし、腰を反るとそれを戻す力で力がロスしてしまうので逆にサーブに威力がでなくなるんですね。

 

 

テニスのフォームがキレイになるためには?

テニスのフォームがキレイになるためには、まず自分のフォームがどのようになっているのかを知る必要があります。全身鏡が家にある人は鏡の前で素振りしてみるといいでしょう。フォームをチェックする上で鏡はとても役に立ちます。今まで自分のフォームを意識してこなかった人にとっては新鮮ではないでしょうか?
また、動画を取ることもいいでしょう!最近のスマホの技術はすごいもので、ただ動画を取れるだけではなく、スローモーション機能や逆再生など簡単にできるんですね!実際に自分がボールを打つ様子を動画に取って自分がどうなっているかを知りましょう。

 

 

自分のフォームがどうなっているかが分かったら、次は自分のフォームが理にかなっているのか考える必要があります。ここでお手本となるのはプロの選手です。普段自分が参考にしている選手でもいいですし、
好きな選手でもプロの人だったら誰でもいいでしょう!プロのフォームは長年の練習や試合の中でコーチたちと検証や実践を繰り返した結果、行き着いたその選手にとっての最もベストなフォームです。なので、プロのフォームは理にかなっていると言えます。昨今ではYouTubeで選手名+フォームと検索すればいくらでも出てきます。そこでプロ選手のフォームをお手本に自分のフォームと照らし合わせてみるといいでしょう。僕自身は、錦織選手とジョコビッチ選手が好きなのでよく参考にしています。

 

 

 

 

最後に

フォームは人によって違うものです。特にストロークは個性が出やすく、同じフォームの人はいないと思います。しかし、フォームが人と違うからと言ってその人のフォームが理にかなっていないとは言えませんよね?人によって身長も違えば体系も違うのですから、その人にとって理想のフォームも違うと思いまいます。先ほど、プロの人たちのフォームを参考にしましょうと言いましたが、あくまで参考にする程度にしましょう!完全に真似ると、上手くいかない部分が出てくる場合があります。それは体系や筋肉のつき方が違うからです。学べるところはしっかり学んで、自分のフォームを磨いていきましょう!