テニス サービスエースを取るために

テニス サービスエースを取るために必要なこと

テニス,上達法,サーブ

 

 

皆さんはサーブでエースを取ったことがありますか?テニスの試合においてサーブはとても重要なものになります。試合中にエースが1本取れるだけで優位に進めることができるのです!
今日はどうやったらサービスエースを取れるのか考えてみましょう。

 

 

サービスエースを取るためにはスピードが大事?

皆さんはサーブのスピードが速い人しか、エースを取れないと思っていませんか?確かにサーブが速いとエースは取りやすいですが、エースを取るために一番重要なことはコースを読ませないことです
どんなに速いサーブが打ててもコースが読まれてしまえば触れられてしまうんですね。サーブが速い分、予測されて触れられてもミスしてくれる相手だったら大丈夫なのですが、相手のレベルが上がってくれるとそうも言ってられません。強い人達はボールのスピードにうまく合わせて返してきます。しかし、いくら強い人たちも予測の逆を突かれてしまえば触れないのです。なので、コースを読ませないというのは本当に大事なことです。

 

 

コースを読ませないのが一番重要と言ってもやはりある程度の球速は必要になってきます。僕の経験上、150km/h以上のサーブが打てればサービスエースは取れます。150km/hって野球で考えると速いなと思いますが、テニスはラケットを使ってボールを飛ばす競技です。最近のラケットは技術の進歩によって簡単にボールを飛ばすことができるので、サーブのフォームがよほど酷くない限り150km/hは簡単に出せる速度だと思います。

 

 

 

どうやってサーブのコースを読ませないようにするのか?

サーブのコースを読ませないようにするためには、同じフォームからセンターとワイドとボディーにサーブをコントロールする技術が必要になってきます。ここで気を付けたいのはトスは全部同じところ、頭の真上に上げるようにしましょう!トスの位置でスライスサーブやスピンサーブを打っている人は注意です。トスの位置で球種を読まれていいる可能性があります!トスが真上にあるところからなら、どんな球種でも打てます。同じトスの位置からいろんな球種が打てるだけで相手は迷います。迷うから予測が困難になってくるのです。大きく分けてフラット、スライス、スピンの3種類をセンター、ワイド、ボディーの3コースにコントロール必要があるので、合計で9パターン練習しましょう。

 

 

また、サーブでエースが取りやすいのはセンターだと思います。テニスのネットはセンターに行くにつれて低くなりますし、相手のコートに到達する距離もワイドに比べて短くなるので、相手の時間を奪えます。それに比べてワイドでエースを取るとなるとネットは高いは距離はあるはで大変です。ネットが高いので、スピードのあるサーブを打つためにはある程度の身長が必要です。なので、試合ではワイドとボディーはエースを取るためでは無く、その後のストロークで優位に立つためのものと考えたほうがいいかもしれません。

 

 

それでも、しっかりセンターとワイドを打ち分けていればワイドでもエースは取れてきます。しかっりコースの打ち分けを練習してサービスエースが試合中に1本でも多くとれるようにしていきましょう!