現役テニスコーチが教える!

A・マレー 不屈の精神力を持つ男

テニスコーチ,ブログ,恋愛

 

 

アンディー・マレー

 

 

プロフィール

生年月日:1987年5月15日
出身:イギリス
身長:190cm
右利き
バックハンドストローク:ダブルハンド

 

 

ロンドン五輪とリオデジャネイロ五輪でテニスのシングルス選手としては男女通じて初のオリンピック連覇を達成した。グランドスラムでは3度の優勝経験があり、マスターズ1000優勝を14回。シングルス自己最高ランキングは1位。フェデラー、ナダル、ジョコビッチに並ぶBIG4の一人。

 

 

マレー選手はBIG4の中では世界ランキング1位を取ったのが遅い選手です。それは周りのBIG4達が凄すぎるからなんですけどね笑 自分もBIG4の一人なんだけど、いつも他のBIG4に泣かされてた感じです
フェデラー選手の世界ランキング1位通算在位は歴代の選手の中で1番長く、ナダル選手は2番目、そしてジョコビッチ選手は7番目です。これら三人と同じ時代に競っているわけですから滅茶苦茶大変なわけです。マレー選手が世界ランキング1位になったのは29歳の時です。1位が確定した時は感動しましたね。いつもグランドスラムの決勝には来るけど、毎回他のBIG4と対戦して負けて、準優勝というイメージばかりなので、ついに報われる時が来たか!という思いでした。

 

 

マレーってどんなテニスをするの?

マレー選手のテニスはIQテニスと言われています。とにかく戦術が緻密で見ていて面白いテニスです。マレー選手は遅いボールをかなり使いますし、追い込まれたときは相手のコートのセンター深くに返します。テニスの本質をよく知っていて、どうすれば攻撃されないか相手にとって嫌なことは何かを常に考えています。なのでマレー選手の試合を見ていると勉強になることばかりです。
また、試合中は独り言が多いことも特徴です。戦略がうまくいかない時も多いのでその愚痴なのでしょうか?笑

 

 

僕個人的な意見なのですが、マレー選手のフォームはあまり好きではありません。すごく固いというか、ちょっと真似しにくいです。でも、どんなに振り回されても最後まで走るし、その精神と戦略は大好きです
マレー選手は世界で一番練習しているという話を聞いたことがあります。人一番努力している選手なんですね。
また、コーチの人選も面白いですね。今はもう違うのですが、女子テニスで元世界ランキング1位のA・モレスモ コーチを雇っていました。女子だろうと男子だろうとテニスには関係ないという彼の考えが見えます。

 

 

マレー選手は29歳にしてようやく世界1位になりました。フェデラー選手が35歳でグランドスラムを優勝した例があるように、マレー選手も同じように30歳超えても頑張って欲しいです。