テニスの上達法

リターン力は試合を決定づける!

テニス,上達法

 

 

皆さんはファーストサーブをリターンする時と、セカンドサーブをリターンする時にポジションを変えたりしていますか?

 

 

ポジションを前にするほどボールをうまくリターンすることが困難になりますが、成功すれば相手の時間を奪えるし、良ければリターンエースも取れます。リターン力というのは試合で勝つためには重要になってきます。テニスの試合はゲームごとに交互にサーブの権利を与えられるので、ずっとキープしていても負けることはありませんが勝てないのです。どこかでブレイクしなければいけません。
サーブ力は負けないために必要ならば、リターン力は勝つために必要だということが言えます

 

 

リターン力を簡単に上げる方法がポジションの上げ下げです。ファーストサーブからコートの中に入ってリターンしろとは言わないですが、セカンドサーブはなるべくコートの中に入ってリターンをしていきましょう!セカンドサーブは多くの選手がスピンサーブまたはスライスサーブなど回転系のサーブを打つのでそこまでボールにスピードがありません。

 

 

セカンドサーブで一番怖いのはポジションを下げることで、回転によるボールの変化に対応できないことです。例えば、スライスサーブはコートに落ちてから曲がっていきます。後ろに下がれば下がるほど変化がついて取りづらくなるんですね。なので、変化が大きくなる前にコートの中に入ってリターンをしましょう

 

 

リターンのコツは思いっきりパワーかコースで勝負です。しっかり力を込めて打ち込めばそれだけでも相手のサーブからの優位性を奪えるので力任せでもいいと思います。しかし、パワー勝負だけではうまくいかないのがテニスの面白いところですよね。本当に上手い選手だとどんなに力強いボールでもその場に来たボールは難なく返されてしまいます。

 

 

なので、一番おススメなのはコースを狙うことですね。狙うコースはストレートか逆クロスがおすすめです。セカンドサーブのコースによってそれは決まります。いずれにしても、パワーで勝負にするでもコースで勝負するでも相手の優位性を奪えたら十分だということを覚えて置いてください。

 

 

サーブを打つ側にとってもセカンドサーブになると前に入って打たれるというプレッシャーをかけることもできます。プレッシャーがかかるとファーストサーブを入れなければという気持ちにもなるのでより一層ブレークしやすくなります。ファーストサーブも回転系重視の入れるためのサーブになったらこっちのものですね。ファーストサーブもどんどん中に入って攻撃しましょう!

 

 

最後に

リターン力がある人は試合で勝てます。しかし、同時に注意したいのは自分のサーブもキープしなければ勝てないということです。試合はサーブをキープしていたら負けることはありません。試合で勝つためにはサーブとリターンの両方を磨かなければいけないのです。