テニスの上達法

ボレーはコントロールが一番大事!

テニス,上達法

 

 

皆さんはボレーをするときに思いっきりラケットを振ったりしてアウトすることや、思いっきり叩き付けたはいいものの相手に返されたことはありませんか?

 

 

ボレーで一番大事なのはパワーではなくコントロールです。今日はボレーの利点について考えてみましょう

 

 

 

ボレーの利点

ボレーの最大の利点は相手の時間を奪えることです。ストローク対ストロークだと距離があるので相手に時間があり、いいところにボールを打てても返されることがあります。
それに対してボレーは自分がネットの近くに詰めるため、相手のとの距離が近くなりコースをコントロールさえできれば、相手の時間がないので簡単に決めることができます。
逆に、ボレーに出た時に決めきれないと今度は自分の時間が無くなるのでボレーに出た時の1球目のコントロールはとても重要です。

 

 

ボレーが上手くなるためには?

ボレーでコントロールするためにはラケットは常に見えるところに置いておく必要があります。よくあるのが最初は見えるところにラケットをセットしていたのに、いざボレーをしようとしたときに、振りかぶてミスをするパターンです。振り被ってしまった時点ですでにラケットが視界から消えてしまいます。動かすのは本当に少しでいいのです。

 

 

ボレーは相手の打ったボールの球威を利用して打つショットなので、ラケットを振る必要はあまりないのです。しっかりラケットの面の真ん中にさえ当たればボール飛んでくれます。面の真ん中に当てるためにもラケットは振る必要はないのです。

 

 

ラケットを振り始めるのはボールが当たった後だと思ってください。打ちたい方向に面をしっかり作って、その方向に送ってあげるイメージです。この時に振りすぎるとアウトするので本当に少し後押しするような気持で大丈夫です。

 

 

また、面の向きにも気を付けましょう。面は若干上向きが良いです。面がストロークのようにまっすぐだとネットにかかる可能性が大きくなります。ネットより上に来たボールは捌けるのですが、沈められたボールは難しいのでしっかり面を上向きにして、スライス回転がかかるように打ちましょう。

 

 

ボレーを苦手とする人はたくさんいますが、慣れれば簡単なショットです。むしろ一番得意なショットになる可能性があります。なぜかというと、先にも話した通りラケットをほとんど動かす必要がないからです。相手のボールの球威を利用するので、ラケットの面の真ん中に当てることだけに集中すればよいのです。

 

 

ボレーに個性は必要ありません。機会があったらユーチューブなどでプロのボレーを見てみて下さい。どのプロもフォームに違いはあまりありません。ボレーはシンプル イズ ベスト!
 

 

試合中にボレーを使ってポイントを確実に取れる人は強いです。しっかりボレーのコントロールを磨いていきましょう!