現役テニスコーチが教える!

テニスコーチが教える 初心者上達方法!  スマッシュ編  

テニス,テニスコーチ,スマッシュ,初心者

 

 

 

今日は初心者さんがスマッシュを打つときに気を付けるポイントを教えていこうと思います。
初心者さんが注意すべきポイントは大きく分けて以下の4ポイントとなります。

 

肘と体の距離は90度

スマッシュを打つときにラケットを肩に担ぐように準備するわけですが、この時に肘と体に距離を取らなければいけません。

 

 

 

サーブの画像ですが、肘の角度の関係は同じですテニス,テニスコーチ,スマッシュ,初心者

 

この赤い丸で囲んだ部分の角度がおよそ90度あるとよいです。もし、この角度が0度に近づくほどラケットは横から出てしまい、高い打点でボールを打つことができなくなってしまいます。
なのでラケットを担ぐときは、角度を90度取ることを意識していきましょう。

 

横向きをしっかり作る

スマッシュを打つときに必要なのが横向きの体制を作ることです。正面向きでボールを打ってしまうと腕の力しか使えないのでボールが横にそれてしまい、アウトすることが多くなります。
横向きを作ることで、体のひねりの力も使えるようになるので、簡単にボールを飛ばすこともできますし、コントロールもしやすいです。

 

 

準備を早く

ポイント1とポイント2の準備を早くしましょう!これが一番大事です。
ボールが上がったらすぐに横向きになり、ラケットを担いでください。スマッシュでミスする原因で一番多いのが準備の遅れになります。なのでしっかり準備を早くして一番いい打点でとるようにしましょう。

 

 

 

スマッシュの打点は額の前あたり

スマッシュの打点はおでこの前あたりでとりましょう。頭の真上でスマッシュを打ってしまうと面が開いたりすることがあるので、アウトしやすいです。
額の前で打点を取ると自然とラケットが少しかぶさってくれます。大体、スマッシュはネット近くで打つことが多いので、少しかぶせるくらいがちょうどいです。

 

 

 

 

以上4ポイントを意識してみてください。先にもお伝えした通り、この中で一番大事なのはポイント3の準備を早くです。テニスのすべてのショットのミスに言えることなのですが、原因の9割が準備の遅れと言われています。打点が近かった、間に合わなかったなど、おおよそは準備の遅れです。プロの方でも準備の遅れが原因でミスすることがほとんどです。(ボールが早すぎて準備が間に合わない場合も含みます)

 

 

なのでまずは準備の遅れでミスすることのないように心がけましょう。
また、最初のうちはボールがどのくらいの速度で落ちるのかわからないと思いますが、経験を積むことで予測できるようになるので頑張りましょう。