上達が早い人と遅い人の違い

上達が早い人と遅い人の違い

テニスコーチ,上達,テニス

 

 

今回は普段レッスンをしていてこの人は上達が早いなという人と、この人は上達が遅いなという人の特徴をお話しします。

 

 

テニスの上達が早い人

 

アドバイスを素直に実践してくれる人

コーチのアドバイスでも友達からのアドバイスでもいいのですが、それを素直に聞き入れ取り組もうとする方は上達が早いです。

 

 

そもそもアドバイスというのは、自分の打っているフォームや戦術などを第三者から見て、ここは改善したほうがいいなと思ったことです。
自分の打っているフォームはイメージと実際とでは違うものです。自分では完璧に打てていると思っていても、動画を取ってみてみると打点が近かったり、重心が高かったりします。

 

 

アドバイスは客観的に見て、あなたが改善したほうがいいところを教えてくれるわけです。
アドバイスは人によって違います。いろんな人からアドバイスをもらい実践してみて、これは違うなと思ったらやめればいいのです。自分に合うものを見つけてどんどん吸収していきましょう

 

 

運動神経がいい人

 

 

単純に運動神経がいい人はテニスの上達が早いです。
運動神経がいいというのは自分の体を思い通りに動かせる人のことを指します。興味がある人は、武井壮さんの運動理論を調べてみてください。

 

 

テニスは体全体を動かしながらするスポーツなので自分の思った通りに体が動かせないとうまくいきません。小さい時から運動していた人はある程度体をうまく動かせるのでテニスの上達が早いと思います。
しかし、違うスポーツをやっていたことでそのスポーツの癖が上達の妨げになることもあります。その癖をどのように直していくのかがポイントになってきます。

 

 

 

テニスを楽しくプレーできる人

 

テニスを楽しめる人は上達が早いです。
好きこそ物の上手なれということわざにもあるように、テニスを楽しんでいると自然と上達しますし、そのスピードも速いです。

 

 

 

テニスの上達が遅い人

 

 

アドバイスを聞かない人

 

 

先ほど説明したこととは逆で、アドバイスを聞かない人は上達が遅いです。

 

 

コーチや友達のアドバイスを聞かないで自己流でテニスしている方がいらっしゃいます。
例えば、ラケットをしっかり最後まで上に振りましょうねとアドバイスしても、プロは腰の横でスイングが終わっていますよね?と反論してゆうことを聞かない人がいます。
それは、プロが高い技術とフィジカルがあるからできる話であって、あなたはそこまでのレベルに達していません。と毎回説明するのですが聞いてくれない方がいます。(実話です笑)

 

 

今回紹介したのは一例ですが、要するに頑固な人が損する可能性が高いということを覚えてください。今の自分のレベルにあったテニスというものが存在します。そして、レベルアップしてきたら挑戦していきましょう。

 

 

ボールを打つことを怖がる人

 

 

たまにミスするのを怖がる人がいますが、これは上達の妨げになります。

 

 

テニスはしかっり最後までラケットを振ることが大事です。ミスするのを怖がって、ただ当てるだけになってしまうとボールも上手くコントロールできませんし、何より上達しません。
試合の時は当てるだけの場面もありますが、練習の時はしかっり振り切ることを意識していきましょう!

 

 

 

 

 

上達するかどうかは結局もらったアドバイスをどうするのかが重要になってきます。アドバイスを聞かなくたって、テニスは練習すればうまくなっていきます。しかし、上達のスピードを考えるとしっかりとアドバイスを受け入れ、実践していきましょう。