テニスコーチが教える! 初心者上達方法 サーブ編

テニスコーチが教える! 初心者上達方法 サーブ編

テニスコーチ,初心者,サーブ

 

 

テニスにおいてサーブはポイントが始まる時に必ず打たなければいけないショットです。サーブが入らなければ試合が始まらないので重要なショットです。今日は、初心者さんがサーブが上達する方法を教えていこうと思います。

 

 

それではさっそく、サーブを上手く打つためのポイントを見ていきましょう!

 

 

1、トスを思ったところに投げられる

 

 

サーブは自分の頭の上にトスを上げなければいけないのですが、初心者さんはトスがまっすぐあげられない方が多いです。原因としては、トスを上げる時にひじ関節を使っているとトスをうまくコントロールできません。
しっかりと腕を一直線にした状態で、肩関節を使ってトスを上げるとまっすぐ上げられますよ!

 

 

トスが乱れることでサーブのフォームが崩れてしまうので、まずはしっかりトスがまっすぐ上げられる練習をしてからサーブを打つ練習をしていきましょう。

 

 

2、打ちたい方向に対して横向きができている

 

 

トスがまっすぐ上げられるようになったら、次は打ちたい方向に体が横向きに向いているかチェックしていきましょう!打ちたい方向に対して横向きからスタートすることで、体が回転する力も使えるので必ず横向きから始めましょう。

 

 

ここで注意したいのは女性の方です!サーブを打つときに横向きを作れていないのは圧倒的に女性の方です。女性は体の構造上男性より骨盤が広いです。なので、男性より横向きから正面に向きにくいんですね。

 

 

しかし、正面向きからサーブを打ち始めると腕の力しか使えないために、絶対にいいサーブを打つことができません。サーブがうまくなりたいのであれば、必ず横向きから始めましょう!
 

 

 

3、体と腕にしっかりと距離ができている

 

 

テニスのサーブは野球のボールを投げる時と同じ原理なので下の画像を見てみましょう。

 

 

テニスコーチ,初心者,サーブ

 

 

体と腕に距離ができていますね?
体と腕の距離が近いと力がうまく入らないのです。もし、今まで距離が近いフォームで打っていた方は今すぐに改善しましょう!肩を痛める恐れがあります。

 

 

コツとしては右利きの場合、トスを頭より少し右側に投げましょう。そして、右上から左下に斜め振りを意識してみてください。

 

 

4、持ち方はコンチネンタルグリップ

 

 

サーブを打つときのグリップはコンチネンタル(包丁持ち)にしましょう。ストロークで打つ時と同じ持ち方でも強いサーブは打てるのですが、中級者、上級者にレベルアップしたいときに必ず妨げになります。
ストロークの持ち方だとうまく回転がかからないのです。今のうちにコンチネンタルグリップに変えても損はないので、必ずコンチネンタルにしましょう!

 

 

 

 

以上4ポイントを紹介してきました。まだまだ、サーブが上達するポイントはありますが初心者はまず、この4ポイントを意識してサーブに取り組んでいきましょう!