錦織選手のランキングが4位から7位に後退してしまいました、、、

錦織選手のランキングが4位から7位に後退してしまいました

 

今回マイアミオープンで準々決勝で負けてしまったことで、去年決勝まで進んだ差分がポイントから引かれてしまいました。

 

ポイントを落としてしまったせいで、世界ランキングが落ちたというのもあるのですが、一番の要因はBIG4のロジャー・フェデラー選手とラファエル・ナダル選手が一気にトップに戻ってきたからではないでしょうか

 

2017年、今年の全豪オープンで優勝、準優勝した二人は沢山のポイントを獲得しました。また、今回のマイアミオープンでも二人は優勝と準優勝と沢山のポイントを獲得したので一気にランキングが上がりました。

 

ここ最近はもうフェデラー選手は落ち目だ、年で引退だろうと囁かれていましたが、それをいい意味で裏切る結果となりましたね。同様に、ナダル選手も最近までランキングが落ちてあまり勝てている印象ではなかったのですが、今年に入ってから全盛期のようなショットが目立ってきました!

 

この二人がトップに戻ってきたことで錦織選手のランキングが下がったと言ってもいいでしょう。また、Twitterやらネットニュースを見るとこれが本来の順位だろうという方もいますね。

 

ランキングが7位に下がったとはいえ、次の8位のマリン・チリッチ選手とのポイント差は1000ポイント差以上あるので、怪我でもしない限りまた下がることはないだろうと思います。

 

しかし、最近は本当に世界ランキング上位陣が大会の序盤で負けてしまう波乱が多いと思います。今の世界ランキングトップ10の中で若手と言えるのはドミニク・ティエム選手くらいではないでしょうか。

 

それ以外の選手は、錦織選手も含め若手とは言えない年齢ばかりです。テニス界ではもうずっと世代交代がささやかれているのであと2年くらいしたら、ランキング上位陣の顔ががらっとかわっているのかもしれませんね!

 

若手で注目されている選手はニック・キリオス選手とアレクサンダー・ズべレフ選手でしょう。特に、ズべレフ選手はナダル選手などに将来の王者であると言わせるまでに高い才能を持っています。キリオス選手も素行で悪いと何かと有名ですが、テニスの実力は本物です。

 

錦織選手は若手とは言えませんが、ベテランとも言えない年齢です。もう、いつグランドスラムをとっても良いと言われているだけに焦っているのかもしれません。また最近の試合では怪我が目立つようになってきた気がします。万全の態勢でグランドスラムあるいはマスターズ1000を優勝してほしいですね。